HARRY WINSTON

はじめまして。今回ブログを担当させて頂きます、佐野と申します。
GMTに入社して、三ヶ月程経ちました。現在、時計について勉強しております。
勉強すればするほど、限りない発見があるのだと感じています。

深いお話はできませんが、今回、キングオブダイヤモンドで知られている「HARRY WINSTON」について書かせて頂きます。

キングオブダイヤモンドと言われる由来の一つに、「ウィンストニアン・スタイル」と呼ばれる手法があります。
宝石と宝石を細いプラチナのワイヤーでつないで、留め金の使用を極力抑え、あたかも宝石だけが散りばめられているかのようなもので、こういった技術を考えるのも、「やはり」天才的だと思いました。

「やはり」天才的というのは、HARRY WINSTONの創業者ハリー・ウィンストンは、幼少の頃から宝石の価値を見抜く力があり、質店で安く売っていた石の中から800ドルの価値があるエメラルドを見つけ出したといいます。

有名な話だそうで、ご存知の方も多いと思いますが・・・
ドラマのような話があるものだと思いました。

HARRY WINSTONの商品。
先日入荷した、アベニューレディです!!
null

null

null


率直な感想は、「本当に綺麗!!」です。誰もが思うと思います。
手に取ったらショーケースで見るより、ダイヤの輝きがよりいっそうキラキラです!!

私には、まだまだ手の届かない品物ですが、心を奪われました。
是非、実際にご覧いただきたいです!!

HARRY WINSTONを調べて、また一つ時計の深さを知りました

この記事が面白いと思ったらここをクリック!

この記事を面白いと思った人は 139人です

written by : 佐野
この記事のカテゴリーは『ハリー・ウィンストン』です | 2009年04月22日