BELL&ROSS ALL BLACK Part2

こんにちは井原です。最近は暖かく(暑く?)なってきて半袖着用の方が増えてきました。この季節になると気になるのが腕元を飾るアクセサリーではないでしょうか?

今回で2度目となるベル&ロスですが、前回のブログではかなり好評で今回入荷分も面白い時計が入ってきたので紹介させていただきます。

ベル&ロス BR01-96 COMMANDO
ベル&ロス BR01-96 COMMANDO ¥368,000

当店でも大人気ベル&ロスの代表作BRシリーズから年間生産本数500本の「コマンド」が入荷しました。
BR01の特徴でもある大柄なステンレスケースにPVD加工を施したブラックケース。さらに文字盤はブラックに近いグレーダイヤル&ブラックインデックスという男前な1本です。

ベル&ロス BR01-96 COMMANDO

そして針もブラック×グレーの2トーン。とにかく黒いです。ですが、時計のインパクトは黒い色以上に強烈な印象を与えます。

さらにブラックのインデックスには意外な秘密が・・・!!(それは後ほど)


ここ数年、個人的なブームとしてブラックのケースを使った時計についつい目が行ってしまいます。カルティエのサントス100やIWCのトップガンなど色々なブランドからブラックケースが発表される中、やはりパネライのPVDシリーズが与える影響が最も強いせいかもしれません。なんだか硬派なイメージが強いブラックカラーはPVD加工やADLC加工、セラミックケースなどユニークな技術や材質で表現されます。

「ポスト パネライ」と呼び声が高いベル&ロスもブラックカラーを採用するブランドの1つです。そして今回のテーマは「オールブラック」。私がベル&ロスに惚れ込んだモデルもこちらです。

ベル&ロス BR03-92 PHANTOM
ベル&ロス BR03-92 PHANTOM ¥308,000

いかがですか?黒い腕時計の最終型と言える「ファントム」。ケース、文字盤、針、ストラップ全てがブラックで統一されています。少しトーンの違う黒のインデックスですが、時間を見辛い?気がします。しかし、そこがこの時計の魅力の一つでもあります。

ベル&ロス BR03-92 PHANTOM


ちなみにブラウザの角度によっては時計の陰に見えるかもしれません。まさに「ファントム=幻影、亡霊」と言った名前に由来します。(もし見え辛かったらブラウザの角度など調整してあげてください)
控えめな色味ですが存在感は全く控えめではない、少し男臭さのようなものが漂う時計です。

そしてこちらもコマンド同様インデックスに秘密が・・・!!


ここまで強烈なインパクトを与える時計ブランドはベル&ロスくらいではないでしょうか?フランス生まれのベル&ロスはユニークなデザインに目が行ってしまいますが、時計を生産する工房をスイスに持つなど、時計のデザインの段階から一切妥協をしない本格的な時計ブランドとして世界中から愛されています。ファントムやコマンド以外にも面白い時計が多く存在する一押しブランドです。

そういえば今回の題名でも「ALL BLACK」をテーマに書かせていただきましたが、このネーミングで気付いた方もいらっしゃると思います。ラグビーニュージーランド代表チーム別名「ALL BLACK’S」。BRシリーズが持つ豪快さが何処と無く同チームのようなインパクトを感じさせます。特に試合前に行われる先住民の戦闘前の踊り「HAKA(ハカ)」。相手を睨み付け手を叩き、足を踏み鳴らしながら大男達が腹の底から叫ぶ姿に相手チームを圧倒。こんな感じです。


http://www.youtube.com/watch?v=tdMCAV6Yd0Y

BRシリーズは戦闘機のコクピットをモチーフにしていると言われていますが、攻撃的なイメージはまさにALLBLACK’Sのようです。

今年の夏はいつもと違う時計にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

そういえば忘れていました。インデックスの秘密ですが、時計を見て思った事ですが「暗いところで見たらどうなるんだろう?」と思って光に当てると、まさか・・・!!


気になる方は是非お問合せください。

この記事が面白いと思ったらここをクリック!

この記事を面白いと思った人は 102人です

written by : 井原
この記事のカテゴリーは『ベル&ロス』です | 2011年05月07日