リシャール・ミル×ロベルト・マンチーニ

こんにちは。店舗スタッフ鈴木です。

このところ5月とは思えないほどに気温があがり夏のような気温となりましたね。気温が高くなると薄着になる機会が多くなる為か存在感のある時計の動きが良くなります。本日は昨日ブログのサッカーネタ繋がりで存在感抜群のモデルをご紹介してまいります。

リシャール・ミル
「RM11-01 ロベルト・マンチーニ」RM11-01


海外サッカーがお好きな方なら皆様ご存知のロベルト・マンチーニ氏。ご存知無い方の為に軽くご説明。

イタリア出身の元サッカー選手であり、現在はサッカー指導者として世界有数のクラブの監督をされています。2015~2016シーズンまで監督として指揮を執っていたのがサッカー日本代表の長友佑都選手が所属している事でもお馴染みのインテル・ミラノ。

選手としても監督としても成功をおさめ、外見もハンサムでスマート。ミドル世代の雑誌にモデルとして出てきそうな佇まいとそのファッションセンスが常に注目されており、慈善活動にも積極的と正に隙の無いイタリアを代表するセレブリティ。
そんなマンチーニのシグニチャーモデルとして2013年に発表されたモデルがこの「RM11-01 ロベルト・マンチーニ」です。

RM11-01
リシャール・ミルのフライバッククロノグラフを搭載する人気モデルRM011をベースとして45分ハーフのプレイ時間とロスタイム、15分ハーフの延長戦とロスタイムを文字盤上で読み取れるように製作されています。
マンチーニ氏の母国イタリアをイメージした緑と赤を文字盤の差し色に採用したインパクトのある文字盤です。

RM11-01
2月以外の調整が不要なアニュアルカレンダーとビッグデイトを搭載しており、ケースにはグレード5チタンを採用しています。見た目の大きさからは想像出来ない軽さと人間工学に基づいたケース造りにより大きなケースですが着け心地の良さを感じていただけます。

RM11-01
ホイールとタイヤを連想する複雑な形状のチタン製リューズ。グリーンカラーのアルクリン製リング(熱可塑性ゴム)で覆われ非常に操作がしやすくなっております。

RM11-01
使う人の生活スタイルに合わせて巻き上げ効率の調整が可能な「可変慣性モーメントローター」を装備。
チタン製のローターにホワイトゴールド製のフィンを備え6つのポジションを調整し遠心力の強さを変えることで デスクワークの際などの少ない運動量でも回転エネルギーを向上させることが可能です。

日常使いに最適な超高級時計リシャール・ミル。そのコレクションの中でも存在感抜群の11番。
これからの半袖の季節に存在感のあるリシャール・ミルをはめて暑い季節を楽しんではいかがでしょうか。
節を楽しんではいかがでしょうか。

この記事が面白いと思ったらここをクリック!

この記事を面白いと思った人は 19人です

written by : 鈴木(正)
この記事のカテゴリーは『リシャール・ミル』です | 2017年05月24日