ゼニス エル・プリメロ 14/01.0240.400

こんにちは、GMTの山口です。
今回ご紹介したいのはゼニスの「エル・プリメロ」です。
最近GMTでもラインナップが増え、選び応えのあるブランドの一つになっています。

珍しいモデルが入荷しているので、ご紹介したいと思います!




1990年代に発売されていた「エル・プリメロ クロノマスター」です。

『 ZENITH クロノマスター エルプリメロ ブルー 14/01.0240.400 』


シルバーダイヤルはたまに見かけますが、ブルーダイヤルはあまり見ることのない
珍しいモデルの一つです。




ゼニス愛好家の方々には有名な話ですが、1970年代に世界を席巻した
クォーツ・ムーブメントの影響もあって、「ゼニス・ラジオ・コーポレーション」が、
機械式時計の製造をやめて、クォーツ時計に切り替える決定をしました。

シャルル・ベルモ氏が後年に機械式ムーブメントの復活を夢見て、
「エル・プリメロ」の工具・機械の保管や生産工程の記録をしていたために
1980年代に見事復活した歴史を持っています。


このモデルはそんなゼニスの「エルプリメロ」ムーブメントの復興を支えた
クラシックなデザインのモデルです。


クロノマスターはもともと丸みのあるケースが特徴なので、
懐中時計を思わせる雰囲気をもっています。

ケースに湾曲を与えることで立体感を生み、ダイヤルの主張を強くできるので、
時刻の読み取りがしやすい演出が設計されています。


現行のクロノマスターはベゼルの厚みを薄くしる事で、ダイヤルの面積を大きくし、
視認性の高さを保つデザインに進化しました。

『 ZENITH クロノマスター1969 シャルル・ベルモ 03.20416.4061/51.M2040 』



搭載されたムーブメントは「Cal.400」。

それまでの「Cal.3019PHC」から進化したムーブメントになります。


「36000振動」という高振動は、いまでは珍しくないかもしれませんが、
機械式時計の技術力の躍進の中にあって、様々なブランドがその高い技術力を
もったムーブメントを欲し、ベースムーブメントとして採用しています。

有名なところではROLEXのデイトナにはじまり、タグホイヤー、パネライ、
ダニエルロート、最近ではウブロも採用しています。

高振動によるパーツの消耗などの機械への負担を年々解消しながら進化
させていたので、このモデルもその一つになります。

なかなか入荷しないモデルなので、ぜひチェックしてみてください。
1点のみの在庫となっております。

こちらの商品も8月31日まで開催中の『レビューを書いて中古商品¥5,000引き
キャンペーンの対象商品です!
中古レビュー書いたら5000円OFF

この記事が面白いと思ったらここをクリック!

この記事を面白いと思った人は 23人です

written by : 山口
この記事のカテゴリーは『ゼニス』です | 2017年08月19日