魅惑のPVD加工 ルミノールレフトハンド

こんにちは、山口です。

GMTでは11月11日から「ボーナスセール!!」を開始しました。
ご存知の方も多いかと思いますが、かなりお値段を勉強させて頂いておりますので、
是非ご検討中の時計を再チェックしてみてください!!

ということで、今回は「ボーナスセール!!」の対象にもなっております
「パネライ レフトハンド」に注目してご紹介したいと思います。

画像①

こちらは「PAM00026」。世界1000本限定で1998年にリリースされたモデルを
復刻させ、2008年に再リリースしたモデルです。
初期の「PAM00026」は、(ルミノバ仕様も存在しているらしいですが、)
「T SWISS T」表記のトリチウム仕様。

復刻盤では「L SWISS L」の表記と、サンドウィッチ文字盤に改良されています。

画像②

スペックは「Cal.OP II」を搭載。
手巻きムーブメントで、振動数は毎時21600回/時。COSC認定クロノメーターなので、
COSCも付属されています。

画像③

何といってもブラックPVDで加工されたステンレスケースが高級感だけでなく
カジュアルな一面も併せ持っているので、本当に格好良いモデルです。

画像④

お客様からよく質問されることなのですが、
こういったブラックPVD加工のモデルは、「仕上げ処理ができない」という
欠点ももっています。
つまり、傷がついたときに研磨することができないので、メーカーではケース交換という
対応になってしまいます。

そのため、常に肌に触れている裏蓋部分はステンレス素材のままで、
PVD加工されていません。

画像⑤

PVD加工がデメリットのように聞こえてしまうかもしれませんが、
こういったブラックPVD加工のモデルは、使用していくと「使い込んだ時計」という
風格が生まれてきます。
まるでヴィンテージ風の、「軍用時計」といった雰囲気を持つようになっていきます。
使い込んだ「味わい」を楽しめるのも、長く愛用するポイントではないでしょうか。

こういったPVD加工をされたコンディションの良いモデルは、年々少なくなっていきますので、おススメの1本です。


ここでブラックPVDのラインナップを一部ご紹介しますと、
まずは「PAM00004」「PAM00009」「PAM00028」「PAM00292」「PAM00317」「PAM00332」「PAM00335」「PAM00348」「PAM00350」・・・

ご紹介しきれないくらいたくさんリリースされています。
ちなみに現在GMTには「PAM00532」世界500本限定も販売中です。

画像⑥

しかもこちらも「ボーナスセール」の対象でお安くなっていますので、
是非、チェックしてみてください!!

★11月11日から『ボーナスセール』スタートしました!★
画像⑦

★さらにホームページにレビューをご記入頂けますと中古商品は5000円引き!
スペシャルプライスでお買い求め頂けます!★
画像⑧

★『ショッピングクレジット36回まで無金利キャンペーン』も大好評開催中!!★
画像⑨
画像⑩

この記事が面白いと思ったらここをクリック!

この記事を面白いと思った人は 22人です

written by : 山口
この記事のカテゴリーは『パネライ』です | 2017年11月13日