ロレックス サブマリーナー・5512 トロピカルダイヤル

皆さまこんにちは。
ゴールデンウィークに南国へ遊びに行けなかった方も南国気分を少しだけ味わえるサブマリーナー・5512のトロピカルダイヤルをご紹介いたします!

『ロレックス サブマリーナー 5512』
ロレックス サブマリーナー 5512

南国の強い日差しに当てられ続けたような褪色の仕方から「トロピカルダイヤル」とも呼ばれています。
ブラックミラーの文字盤全てがブラウンチェンジするわけではなく、当時使われていた塗料の年代による違いや、製造工場の違いなど諸説聞きますが実際のところはどうでしょうか。

ブラウンになると時計の評価が高まることから、ブラックのミラーダイヤルをブラウンにするためずっと太陽に当ててた方がいたそうですが、結果は何も変わらなかったようです。。。
マットの文字盤もブラウンチェンジしている個体もあるため、私は神秘的な現象だと勝手に思っています!

ロレックス サブマリーナー 5512

ロレックス サブマリーナー 5512

こちらの個体の魅力はなんといっても文字盤+ベゼルもブラウンチェンジしているところ。
色が抜けたゴーストベゼルは稀に見ますが、ブラウンベゼルは中々お目にかかれません。
まさに「奇跡の褐色」と言っていいと思います。

ロレックス サブマリーナー 5512

5512はリューズガードのない「5510」の後継機として誕生し、1959年~1977年頃まで製造したサブマリーナーの第八世代モデルです。
サブマリーナーにリューズガードが備えられた初のモデル。
ケースサイズが40mmになるなど、現在のサブマリーナーの基本を確立したとも言われています。

ロレックス サブマリーナー 5512

5513はノンクロノメーター、5512はクロノメーターと知られていますが、5512の初期はクロノメーター表記のない2Line表記です。
また、ミニッツサークル、とんがりリューズ、ゴールドプリントなどヴィンテージモデルの魅力があり凄いオーラを放っています。

ロレックス サブマリーナー 5512

実物を手に取って文字盤独特の質感をじっくりご覧ください。

こちらのトロピカルな時計もお勧めです↓
『ロレックス エクスプローラー I 1016』
ロレックス エクスプローラー I  1016

ロレックスの歴史において、機械の変遷、時代に即した大きさやデザインの変更など、長い年月を経て徐々に理想的な形に構築されてきましたが、長い間形を変えずに作り続けられたモデルというのは、ほぼ完成形であったいっても過言ではないと思います。

本日ご紹介している2本の時計はまさに完成形となった歴史的なモデルではないでしょうか。

ぜひご検討くださいませ!

【合計40万円分!お買い物プレゼントキャンペーン!】

プライスダウン商品一覧

おすすめブランド時計

***************************************************
新品ブランド腕時計
中古ブランド腕時計
未使用ブランド腕時計
委託ブランド腕時計
レディースブランド腕時計
もちろん、全商品対象の48回払いまで手数料無料&最長120回まで低金利のショッピングクレジットもお使いいただけます。
48回まで無金利の分割払い
最長120回分割払い JACCS限定 お支払いシミュレーションはこちら>>

高額買取中の対象8ブランドがさらに今なら買取1万円アップ!
対象8ブランド買取1万円アップキャンペーン
※20万円以上の買取が対象となり、他キャンペーンとの併用はできません。
***************************************************
時計情報アプリ

この記事が面白いと思ったらここをクリック!

この記事を面白いと思った人は 4人です

written by : 原元
この記事のカテゴリーは『ロレックス』です | 2019年05月10日