【カルティエ サントス・ドゥ・カルティエ LM WSSA0009】

1904年、ブラジル人飛行士「アルベルト・サントス=デュモン」の依頼により
カルティエが1本の腕時計を作り出しました。

当時の腕時計と言えば、懐中時計にベルトを付けただけといったものでしたが、
のちに「サントス」の名で一般にも販売されるようになったこのモデルは
懐中時計の派生ではなく、純粋に腕時計として開発された初のモデルと言われています。

初期のサントスを見てみますと、角に丸みを持たせたスクエア文字盤に
ローマ数字のインデックスなど、100年前のものとは思えない、
現代のモデルにも通じる魅力的なデザインのものです。

そんな”腕時計の原点”とも言えるサントスコレクションですが、
2018年にリニューアルし、新たなモデルが発表されております。

今回ご紹介するのは、オールステンレス、LMサイズの
「サントス・ドゥ・カルティエ LM WSSA0009」
20190515_1

文字盤や全体のデザインは、丸みを持たせたスクエアケースに
ビスが印象的なベゼルやブレスレットなど、
これぞサントスという伝統的なものとなっています。
20190515_2

今回のモデルチェンジではユーザー自身でブレスレットとレザーストラップを
ワンプッシュで付け替えることができる「クイックスイッチ」機構を搭載しました。

付属のレザーストラップを事前に調整しておけば、
その日の気分で1分とかからず付け替えが可能です。
20190515_3
20190515_4

ブレスレット自体にも新機構が採用されています。
「スマートリンク」と呼ばれる、特別な工具なしで付け外しが可能な構造となっていて、
つめ、またはつま楊枝の1本でもあれば簡単にコマ調整が可能です。

下のブレス裏側の写真をご覧いただきますと、
コマの上部に楕円形の部分があるのがお分かりいただけるけるかと思いますが、
そこを押すと、コマとコマを繋いでいるピンが自動的に上がります。
しかもピンは完全に外れませんので、紛失の心配もございません。

私も初めて調整した際は、余りの便利さに思わず「おぉ…」と
声を漏らしてしまいました。
それまではIWCのコマ調整が一番簡単だと思っていたのですが、
今ではこの「スマートリンク」が、個人的な簡単ランキングトップとなっています。
20190515_5

実際に腕にのせてみると、わずかに湾曲したケースと、
丸みを描くような構造のブレスレットにより、装着感は上々です。
20190515_6

視認性も良く、スーツスタイルにも違和感なくお使いいただける
エレガントなモデルに仕上がっております。

是非ご検討くださいませ。
20190515_7

おすすめブランド時計


【合計40万円分!お買い物プレゼントキャンペーン!】

プライスダウン商品一覧


***************************************************
新品ブランド腕時計
中古ブランド腕時計
未使用ブランド腕時計
委託ブランド腕時計
レディースブランド腕時計
もちろん、全商品対象の48回払いまで手数料無料&最長120回まで低金利のショッピングクレジットもお使いいただけます。
48回まで無金利の分割払い
最長120回分割払い JACCS限定 お支払いシミュレーションはこちら>>

高額買取中の対象8ブランドがさらに今なら買取1万円アップ!
対象8ブランド買取1万円アップキャンペーン
※20万円以上の買取が対象となり、他キャンペーンとの併用はできません。
***************************************************
時計情報アプリ

この記事が面白いと思ったらここをクリック!

この記事を面白いと思った人は 3人です

written by : 濱中
この記事のカテゴリーは『カルティエ』です | 2019年05月15日