ハリーウィンストン・オーシャン デュアルタイム ブラックエディション ザリウム OCEATZ44ZZ007

皆様こんにちは。
店鋪スタッフの鈴木洋です。

とうとう梅雨入りしこれからしばらくは洗濯物と格闘する嫌な時期ですが、もう一つ6月のイメージで強いのがジューンブライドだと思います。
ご結婚を迎えるカップルも多くいらっしゃるのではないでしょうか。

セレブや芸能人の婚約指輪で有名な高級ブランドと言えばハリーウィンストンが有名で「キング・オブ・ダイヤモンド」で知られていますが、複雑時計の製造も得意とし定評があります。

本日は、絶賛開催中のGMT大創業祭の中から、結納返しにもピッタリなハリーウィンストンのモデルをご紹介いたします。

「ハリーウィンストン オーシャン デュアルタイム ブラックエディション ザリウム OCEATZ44ZZ007」
ハリーウィンストン オーシャン デュアルタイム ブラックエディション ザリウム OCEATZ44ZZ007

まず注目していただきたいのは、ケースに採用している素材です。
ハリーウィンが独自に考案した特殊合金であるザリウムというアルミニウムとジルコニウムの合金をDLCコーティングしているという点です。

もともと宇宙工学の分野で使用されるザリウムですが、高耐久性、耐腐食性があり、またアレルギーを起こすリスクが少ない素材であるため医療用のメスなどに用いられています。
また、DLC(ダイヤモンドライクカーボン)ですが、簡単に言うとその名の通りダイヤモンドのような硬いコーティングをすることで引っかき傷や摩耗も防ぐことができる優れた加工処理をしています。

ハリーウィンストン オーシャン デュアルタイム ブラックエディション ザリウム OCEATZ44ZZ007

続きましては機能のご紹介です。
44mmのスポーティなケースに2つのデュアルタイムとナイト&デイ表示がオフセンターで特徴的に配置されています。
一目で二つの国の時間と昼夜が読み取れる大変シンプルで優れた機構だと思います。
また、ホームタイムの日付表示がディスクを重ねることで縦配列にしておりユニークな作りです。

ハリーウィンストン オーシャン デュアルタイム ブラックエディション ザリウム OCEATZ44ZZ007

ハリーウィンストン オーシャン デュアルタイム ブラックエディション ザリウム OCEATZ44ZZ007

時計裏側はシースルーバックとなりムーブメントを堪能いただけます。
ブラックエディションと言うだけあってラバーベルトも黒で統一されており、目を惹くカッコよさを感じます。

ハリーウィンストン オーシャン デュアルタイム ブラックエディション ザリウム OCEATZ44ZZ007

ハリーウィンストン オーシャン デュアルタイム ブラックエディション ザリウム OCEATZ44ZZ007

ジュエラーのイメージが強いハリーウィンストンですが、今回ご紹介しているオーシャン デュアルタイムのような複雑時計も得意としておりますので、これまで機械式時計の候補に挙がらなかった方もきっとご満足頂ける逸品だと思います。

ハリーウィンストン オーシャン デュアルタイム ブラックエディション ザリウム OCEATZ44ZZ007

大創業祭価格で今だけ 2,980,000円(税込)にて販売しております。
メーカー希望小売価格 5,022,000円(税込)ですのでお買い得も感じられる魅力的な1本です!

大変お買い得商品でございますので是非ご検討ください。

※2019年6月8日現在の価格です。

おすすめブランド時計

***************************************************

【GMTはお陰様で13周年を迎えます】
大創業祭セール実施中

【6月中にWEBから10万円以上ご購入のお客様に抽選でプレゼント!】
オリジナル時計ケースプレゼント

***************************************************
新品ブランド腕時計
中古ブランド腕時計
未使用ブランド腕時計
委託ブランド腕時計
レディースブランド腕時計

もちろん、全商品対象の48回払いまで手数料無料&最長120回まで低金利のショッピングクレジットもお使いいただけます。
48回まで無金利の分割払い
最長120回分割払い JACCS限定 お支払いシミュレーションはこちら>>

***************************************************
時計買取キャンペーン
※他キャンペーンとの併用はできません。
***************************************************
時計情報アプリ

この記事が面白いと思ったらここをクリック!

この記事を面白いと思った人は 5人です

written by : 鈴木洋
この記事のカテゴリーは『ハリー・ウィンストン』です | 2019年06月08日