【価格改定】パテックフィリップ・ワールドタイム クロノグラフ 5930G-001

皆さまこんにちは。
本日は、今月に入り価格改定されたパテックフィリップ・ワールドタイムクロノグラフをご紹介いたします。

「パテックフィリップ ワールドタイム クロノグラフ 5930G-001」
パテックフィリップ ワールドタイム クロノグラフ 5930G-001

世界24都市のローカルタイムを表示するワールドタイムに加え、クロノグラフ機能も備えたコンプリケーションモデル。
2016年に誕生し、初めてワールドタイムとクロノグラフが融合されたモデルとして注目を集めました。

1940年に発表されたユニークピースからインスピレーションを得ており、
2つの機能をこれまでにない新しい方法で統合したムーブメント「Cal.CH 28-520 HU」を搭載しています。

『Cal.CH 28-520 HU』
フルローター自動巻フライバッククロノグラフムーブメント
ワールドタイム機構付コラムホイール搭載

・パワーリザーブ 約50~55時間
・振動数 28,800振動
・部品点数:343個 石数:38個
・テンプ:ジャイロマックス/ローター:21金ローター  
・直径:33mm/厚み:7.91mm 

パテックフィリップ開発の優れた垂直クラッチによってクロノ秒針が通常秒針として使用が可能で、実用性に優れたモデルです。
フルローター自動巻きに垂直クラッチという組み合わせにワールドタイムモジュールを組み込んでいます。
厚みが出る組み合わせですが、ムーブメント厚を7.91mmに抑えています。
構成部品数が343個もあるというのも驚きです。

パテックフィリップ ワールドタイム クロノグラフ 5930G-001

パテックフィリップ ワールドタイム クロノグラフ 5930G-001

オパーリンブルーの文字盤中央に職人の手作業で装飾されている繊細なギヨーシェ彫りは、見る角度によって表情が変化し見る人を楽しませます。

パテックフィリップ ワールドタイム クロノグラフ 5930G-001

パテックフィリップ ワールドタイム クロノグラフ 5930G-001

高級感があるホワイトゴールドケースのラグはウイングレットラグ。

パテックフィリップ ワールドタイム クロノグラフ 5930G-001

こちらは中古の美品商品となり、ストラップはメーカーにて新品に交換しています。
フォールデイングバックルもカッコイイ。。

パテックフィリップ ワールドタイム クロノグラフ 5930G-001

パテックフィリップ ワールドタイム クロノグラフ 5930G-001

ケースの形状はクラシカルですが文字盤の顔は現代的でカッコイイです!

パテックフィリップ ワールドタイム クロノグラフ 5930G-001

6月1日より、メーカー希望小売価格8,683,200円(税込) → 8,866,800円(税込) に約2%UPしています。
金額が大きいため2%ですが約18万円の値上がりしております。

消費税が10%になったとしたら定価が900万円を超える可能性もあり、
中古商品等の価格に影響が出る場合もございますので、早目のご検討をお勧めいたします。

今なら通常価格7,080,000円(税込) → セール価格 6,580,000円(税込)と、お得にお求めできるチャンスです!!

お気軽にお問い合わせくださいませ。

※2019年6月9日現在の価格です

おすすめブランド時計

***************************************************

【GMTはお陰様で13周年を迎えます】
大創業祭セール実施中

【6月中にWEBから10万円以上ご購入のお客様に抽選でプレゼント!】
オリジナル時計ケースプレゼント

***************************************************
新品ブランド腕時計
中古ブランド腕時計
未使用ブランド腕時計
委託ブランド腕時計
レディースブランド腕時計

もちろん、全商品対象の48回払いまで手数料無料&最長120回まで低金利のショッピングクレジットもお使いいただけます。
48回まで無金利の分割払い
最長120回分割払い JACCS限定 お支払いシミュレーションはこちら>>

***************************************************
時計買取キャンペーン
※他キャンペーンとの併用はできません。
***************************************************
時計情報アプリ

この記事が面白いと思ったらここをクリック!

この記事を面白いと思った人は 3人です

written by : 原元
この記事のカテゴリーは『パテック・フィリップ』です | 2019年06月09日