フランセーズの革ベルトモデル

先月GMTの姉妹店としてオープンいたしました、レディース時計専門店「BRILLER(ブリエ)」

当ブログをご覧の皆さまは、すでにホームページなどを見て頂いておりますでしょうか。

レディース時計に特化した記事や、時計選びのハウツーなど、初めてブランド時計を買うお客様にもお楽しみいただけるコンテンツを展開しておりますので、是非一度ご覧くださいませ。

公式サイトはこちら↓
https://www.briller-gmt.com/

GMTとBRILLERでは、新品だけではなく中古品・未使用品・委託品もお取り扱いしております。

機械式時計=男性のつける時計、というイメージも先行してあるかもしれませんが、徐々に女性用の機械式時計も増えている印象があります。

しかしながら、レディース時計においては、やはりクォーツ時計が主流であり、ブランド時計においてもその傾向は変わらず、とりわけ中古品であっても人気を誇るのがカルティエです。

女性から高い支持を得ているカルティエウォッチですが、現行モデルだけではなく生産終了モデルであっても衰えることがない印象があります。

本日は、ここ数日で入荷したカルティエの生産終了モデルをご紹介。

CARTIER カルティエ タンク フランセーズ SM W5000256
https://www.gmt-j.com/item/3717008666059

CARTIER カルティエ タンク フランセーズ SM W5000256

カルティエのレディース時計の代名詞ともいえる、ロングセラーモデル「タンク フランセーズ」。

カルティエ自体は、1847年パリで創業した歴史あるメーカーですが、時計においても流行り廃りがあり、廃盤となったモデルが、最新の機械を搭載して復刻することも。

タンク フランセーズは90年代後半に発売されて以来、常に人気上位に位置し、その圧倒的な支持率は今後も続くものではないかと思います。

そんなフランセーズですが、今回ご紹介のモデルは現在生産終了している革ベルトタイプ。

現行モデルではブレスレットタイプしか販売しておりませんので、尾錠も純正のものを揃えて着けるには中古品を買うのが1番の近道です。

CARTIER カルティエ タンク フランセーズ SM W5000256

今となってはステンレス素材のケースが主流ですが、かつてはイエローゴールドが頻繁に使用されており、懐中時計と聞くとイエローを思い浮かべる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらの商品もイエローゴールドを使用したケース・尾錠に、黒いストラップを組み合わせ、どこかアンティークウォッチの雰囲気があり、クラシカルで落ち着きのある華やかさが印象的です。

鏡面の艶と、ふっくらとした正面サイドの縦のラインがポイント。

CARTIER カルティエ タンク フランセーズ SM W5000256

手首に沿って緩いカーブをえがくケースバックも心地よく収まり、現行モデルと同じ大きさとなるケース幅25×20mm(SM)は、女性が最も着けやすい大きさだと思います。

CARTIER カルティエ タンク フランセーズ SM W5000256

ちなみに旧モデルでは、文字盤下に「SWISS MADE(現行タイプ)」ではなく「SWISS」のみの表記となり、中央の「CARTIER」の文字は少し小ぶりで文字間隔が気持ち程度空いております。

ステンレスモデルが多い中でイエローゴールドであることと、今では手に入ることのない革ベルトタイプであり、内外箱と冊子もついておりますので、中古商品のなかでも大変おすすめです。

皆様のご利用をお待ちしております。

おすすめブランド時計


***************************************************
女性のための レディース腕時計専門店『BRILLER(ブリエ)』
レディース腕時計専門店 BRILLER ブリエ
(※先着30名様限定!50万円以上の商品をご購入で ノベルティプレゼント!)
***************************************************

NEW YEAR SALE

***************************************************

新品ブランド腕時計
中古ブランド腕時計
未使用ブランド腕時計
委託ブランド腕時計
レディースブランド腕時計

全商品対象!60回払いまで手数料無料のショッピングクレジット
60回まで無金利の分割払い
***************************************************
時計情報アプリ

この記事が面白いと思ったらここをクリック!

この記事を面白いと思った人は 5人です

written by : 渡邊
この記事のカテゴリーは『カルティエ』です | 2020年01月07日