おすすめのユニセックスサイズウォッチ

GMTブログをご覧の皆様、こんにちは。
店舗スタッフの髙橋です。

最近、カップルやご夫婦で共有できるサイズの時計をお探しの方々がよくご来店されます。
そこで、本日は男女どちらでも使えるサイズの時計をご紹介します。

まずは「ROLEX デイトジャスト 116200 グレー ローマ オイスターブレス
ROLEX デイトジャスト 116200 グレー ローマ オイスターブレス

ROLEXを代表するモデル「デイトジャスト」
ケース経36mmの使いやすいサイズ。
上品なグレーカラーのダイヤルにローマンインデックスが配されています。
場所を選ばずどんな場面でもお使いいただけると思います。
女性でしたら、ボーイッシュなコーディネートによいかもしれません。
こちらは中古の時計ですが、2019年の10月に当社の提携工房で外装の仕上げをしておりますので、大変綺麗な状態です。
保証書の日付も2018年の2月ですので、まだ定期メンテナンスは不要かと思われます。

男性の着用イメージ画像はこちら。
ROLEX デイトジャスト 116200 グレー ローマ オイスターブレス
服の色も選ばずお使いいただけそうです。

おすすめブランド時計


お次はこちら「NOMOS ノモス メトロ ネオマティック MT130014CH2
NOMOS ノモス メトロ ネオマティック MT130014CH2

ヒゲゼンマイまで自社製のムーブメントを積んだ「メトロ」コレクション
ケース経は35mmで、自動巻きのムーブメントにも関わらず厚さは8mmまで抑えられています。
優しい印象のフォントと、ドットインデックス、オレンジ色の針が相まってポップな雰囲気をまとっています。
メトロの名の通り、地下鉄の路線図からインスピレーションを受けたデザインだそうです。ドイツの伝統的なデザインであるバウハウスデザインを取り入れています。
NOMOS ノモス メトロ ネオマティック MT130014CH2
ダイアルカラーとベルトのカラーは柔らかなベージュカラー。
まだまだ寒い日は続きますが、来たる春のコーディネートのお供にもよいのではないでしょうか?
機械式時計を買うのならば、ムーブメントにもこだわってみたいという方にもオススメです。
重さは約39gとかなり軽量ですので、重い時計が苦手という方にもぴったり。
NOMOS ノモス メトロ ネオマティック MT130014CH2
マネキンの手首周りのサイズは14cmが目安の着用イメージ画像です。
収まりのよいサイズ感ですので、女性でも使いやすい大きさとなっています。

おすすめブランド時計


当店のホームページでは、35mmや36mmのサイズなどの時計で「レディース」と表示している時計もございます。しかし、今回ご紹介させていただきました時計のように、デザインによっては男女どちらでもご使用いただける時計もございますので、ぜひ店頭でご覧ください!

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

------------------------------------------------------------

ただいまGMTでは「60回まで金利0%キャンペーン」を実施中です。
ショッピングローン分割60回までなんと無金利!!お得に憧れの時計を手に入れるチャンスです!
新品・中古・ブランド関係なく、すべての時計でショッピングローンをご利用いただけます。
詳細はこちらからご覧いただけます。
https://www.gmt-j.com/html/kinri_zero/index.html
※自社HP・店頭のみ、ジャックスご利用に限ります

------------------------------------------------------------

NEW YEAR SALE

***************************************************
女性のための レディース腕時計専門店『BRILLER(ブリエ)』
レディース腕時計専門店 BRILLER ブリエ
(※先着30名様限定!50万円以上の商品をご購入で ノベルティプレゼント!)
***************************************************

新品ブランド腕時計
中古ブランド腕時計
未使用ブランド腕時計
委託ブランド腕時計
レディースブランド腕時計

全商品対象!60回払いまで手数料無料のショッピングクレジット
60回まで無金利の分割払い
***************************************************
時計情報アプリ

この記事が面白いと思ったらここをクリック!

この記事を面白いと思った人は 4人です

written by : 高橋梢
この記事のカテゴリーは『その他』です | 2020年01月13日