今はない異素材の組み合わせ ルミノールGMT 【OFFICINE PANERAI ルミノールGMTPAM00161】

2021年03月25日

GMTスタッフブログをご覧の皆様、こんにちは。
本日も当ブログをご覧いただきありがとうございます。

さて、本日ご紹介する時計は、オフィチーネ・パネライから「ルミノールGMTPAM00161」です。

オフィチーネ パネライ ルミノール GMT 44mm ステンレススティール×チタン PAM00161

パネライはイタリアのフィレンツェで生まれ、イタリア海軍のために高度な精密機器を納入してきました。第二次世界大戦が勃発する前に、イタリア海軍の第1潜水隊特殊工作員のために初めて腕時計が作られました。

今回ご紹介するルミノールシリーズも起源はイタリア海軍です。

ブランド特有の大きくて分厚い外観は、海軍由来だからこそ。優れた視認性と耐久性を備えるには必然的に大型かつ厚みのあるケースが求められたのです。

非常に歴史のあるブランドとして確実にファンの心を掴んできたパネライ。
映画「デイライト」や「トランスポーター」で登場人物が着用していることにより、一層有名になりました。

今回ご紹介するPAM00161は、ケース、文字盤とブレスレット部分が個人的なポイントです。


文字盤カラーはブラックで、現行の44mmサイズのPAM01088と比べると非常にスッキリとした印象であるのが特徴です。
基本的な配置は一緒ですが、PAM00161はインデックスの間に1分単位を表示する細かいインデックスがついていません。


↑現行のルミノールGMT

そしてブレスレットですが、コマの一つ一つがアーチ状になっています。

現在のブレスレットモデルは、もっとシンプルでアーチの部分がうっすらとした印象です。


↑PAM01058のブレスレット

現行モデルでは味わえない、遊び心やデザインの可愛らしさを感じることができるのが非常に嬉しいところですね。

昔からブランドをご存知の方にとっては、この旧型ブレスレットの方が「パネライらしい」と感じるかもしれません。

ケース、ブレスレット共にチタンとステンレスの組み合わせというのがこのモデルの一番の特徴ではないでしょうか。

ステンレス部分はポリッシュ仕上げ、チタン部分はサテン仕上げという見た目にも分かりやすい加工が施されています。
このような加工のおかげでブレスレットのアーチがさりげなく強調されています。

また、チタンは非常に軽い素材ですので、ステンレスの無垢のモデルより着け心地が非常に軽やかなのも現行モデルでは味わえない点です。

ブランドの時計はケースサイズが大きめかつ厚めの仕様なので、着けていて重厚感を感じるモデルが大半を占めているなか、こちらのモデルは見た目は重厚感がありつつも実際はそこまで重くない、というのが装着感をより高めています。

キャリバーはCal.OPVIIIを採用。
ETA社のムーブメントをブランドが独自の改良を加えて搭載しています。
COSC認定の毎時28800振動、パワーリザーブ48時間を備えたムーブメントです。

ケースサイズは44mmとブランドらしいサイズ感です。
パネライのコレクション全てにおいて、ケースやブレスレットなどあらゆるパーツが僅かにカーブするように加工され組み上がっているため、サイズが大きくても柔らかい印象を見てる人に与えてくれます。

これからの季節、どんどん暖かくなり半袖を着る機会も増えるかと思います。
その際に腕元に柔らかく、かつ存在感を出してくれること間違いなしです。
ぜひこれからの季節にいかがでしょうか。

0

RECOMMEND

PAGE TOP