ブラック文字盤とシンプルなデザインが魅力的な【ヘリテージブラックベイ】

2020年05月22日

当ブログをご覧の皆様、こんにちは。外出自粛要請の中、本日も当ブログをご覧くださいましてありがとうございます。
先日のブログでもご紹介させていただいておりますが、現在GMTでは、新サービスとなるLINEのビデオ通話(無料)を利用した「リモート接客サービス」を開始いたしました。
まさに外出自粛要請中の今、また遠方で難しく非対面であるインターネットでのお買い物には不安があるという方にぜひおすすめのサービスでございます。当店のスタッフの顔を見ながら、その場で受け答えが出来ますので、今まで以上により安心してお買い物いただけるかと存じます。来店の手間もなく、お一人様最大30分程度でのご案内となりますので、色違いやサイズ違い、複数本で悩んでいるなどのお悩みやご相談などにも最適です。どうぞお気軽にご利用くださいませ。

尚、ご対応時間は「11:00~18:00」の間、お一人様最大30分程度でのご案内となり、完全予約制となります。ご希望日の前日の営業時間内(12:00~18:00)にLINEよりお申込みください。
詳細は下記URLよりご覧ください↓
https://www.gmt-j.com/html/attention/20200410.html#remote
また、店頭へ直接来店をご希望でしたら、完全予約制でのご対応となりますので、あわせて下記よりご確認をお願いいたします。
https://www.gmt-j.com/html/attention/20200410.html

 


 

本日はチューダーのヘリテージブラックベイについてご紹介いたします。
チューダーはロレックスの創業地であるイギリスでの販売促進を狙い、1930年にロレックスのディフュージョンブランドとして誕生しました。そのため、ロレックスのパーツが使用されていたり、デザインが似ていたりとチューダーの時計はどこかロレックスを感じる部分があります。ちなみにブランド名と初期のロゴに使用されたバラはイギリスの名家から付けられ、現在では盾へとロゴは変更されています。

 

そんなチューダーの代表モデル「ヘリテージブラックベイ」は2012年に誕生し、ブラック文字盤を持ち、シンプルなデザインが魅力的です。また、ファーストモデルである「Ref. 79220」は、バラのログを持つことから話題にもなりました。

個人的にはチューダーはヴィンテージ要素が強いモデルが多いため、ヴィンテージテイストを好む方や華やかになりすぎない落ち着いた印象を持ちます。それはブラックベイにも言え、様々な種類があるからこそぜひご自身にぴったりな時計をお探しくださいませ。

 


 


チューダー ヘリテージブラックベイ 79230N ブラック ファブリック
https://www.gmt-j.com/item/2717007934105

こちらはファーストモデル「Ref.79220」の次に登場した「Ref.79230N」。
前モデルとデザインはほとんど変割りませんが、自社開発ムーブメント「Cal.MT5602」へと変更されました。約70時間のロングパワーリザーブを持つため、フルでリューズを巻き上げていれば、土日に着用しなくても動き続けています。似たデザインならばムーブメントの便利さを重視するのはいかがでしょうか。一番シンプルなモデルとなりますため、迷った方にはぜひこちらをお勧めいたします。

また、ステンレススチールのブレスレットのモデル(https://www.gmt-j.com/item/3717009293667)もありますが、こちらはファブリックストラップが付いており、カジュアルにご着用いただけるモデルです。

 


 


チューダー ヘリテージブラックベイ GMT 79830RB ブルー/レッド ファブリックベルト
https://www.gmt-j.com/item/2717007215600

こちらはGMT機能を搭載した「Ref.79830RB」

昼夜がわかる様「ブルー/レッド」の2トーンの通称ペプシカラーのベゼルはまさにロレックスのGMTマスターⅡのよう。

GMT針もイカ針なところが、チューダーらしくもあり、またロレックスのGMTマスターⅡよりも落ち着いた深い色合いがヴィンテージ感が増しているのでスーツでも比較的着用しやすいデザインとなります。

 


 


チューダー ヘリテージブラックベイ フィフティエイト 79030N
https://www.gmt-j.com/item/2717006524642

最後に「フィフティエイト」の愛称で高い人気を持つ「Ref.79030N」は、1958年に発表されたチューダーのダイバーズモデル「オイスタープリンス サブマリーナー Ref.7924 ビッグクラウン」にインスピレーションを得て、2018年に誕生しました。
最大の特徴は39㎜ケース径のケースサイズです。ブラックベイは基本41㎜ケース径となるため、一回り小さいサイズが人気を集めました。

基本デザインは同じですが、サイズが一回り違うと腕に乗せた時の印象が異なりますため、手首周りが細身な方や小さいサイズの時計を好む方におすすめします。

 


 

他にも「ヘリテージブラックベイ クロノ」と呼ばれる2017年に誕生した回転ベゼルではなく、タキメーターベゼルを採用したクロノグラフ搭載モデルや「ヘリテージブラックベイ36」と呼ばれるベゼルのないモデル。またコンビ素材やブロンズを使用した素材など複数の種類があります。

今回ご案内させていただきましたチューダーのほかにも、お探しのデザインや色合い、機能などがございましたら、運命の一本を探すお手伝いをさせていただければと思います。ぜひ、お気軽にご連絡くださいませ。

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP