古典的な美しさ【グランドセイコー SBGW008】

2020年12月15日

GMTブログをご覧の皆様、こんにちは。
店舗スタッフの髙橋です。

気づけばクリスマスまであともう少し。煌びやかな街に心弾ませております。

今年はコロナウイルスの流行の影響もありますので、行動範囲は自粛気味で、ひそかにクリスマスを楽しみたいと思います。

店舗はご対応毎の除菌・各席にアルコールジェルの配置・スタッフ全員のマスク着用などを心がけ、ウイルス対策を万全に行い、ご安心してご来店いただける環境を整えております。

さて本日は、世界に誇るセイコーの「SBGW008」という時計をご紹介いたします。

グランドセイコー SBGW008 マスターショップ限定モデル
https://www.gmt-j.com/item/3717009947997

流線的なフォルムのケースに、少し足の長いラグ、立体的なバーインデックスにドーフィン針。
アイボリーの文字盤も相まって、大変クラシカルで色気のあるタイムピースです。

こういったシンプルで無駄のないデザインの時計を作るのがグランドセイコーは得意です。

硬度が高いため加工が難しいサファイアクリスタルガラスを、丸みを帯びたドーム型に加工することで、全体的に柔らかな印象を与え、アンティークテイストを加えています。
クラシカルな時計には欠かせないディテールです。

もし、フラットな風防が採用されていたとしたら、モダンな印象が強かったかもしれません。

今でこそサファイアクリスタルガラスが一般的に高級腕時計に使われてはおりますが、プレキシガラスが主流だったころは強度の問題上ドーム型にせざるを得なかったのです。

文字盤もドーム型になっておりまして、光の反射によって文字盤に立体感が生まれ様々な表情を見せてくれます。

その曲線に沿うように、長針・短針・秒針は先端にゆくにつれて絶妙なカーブを描いています。
これもまた魅力の一つでございます。

裏側はシースルーになっておりまして、クロノメーター規格よりも厳しいセイコー独自のGS規格に準拠した「9S54」という手巻きムーブメントを搭載しております。

シースルー部分の外周には丁寧に彫金が施されており、これもまた高級感を生み出す演出として注目していただきたい部分でございます。

パワーリザーブは最大72時間と使い勝手がよく、トルクが緩やかに減少するように作られている為より安定した精度を誇ることができるようになりました。
手巻きムーブメントならではの一体感のある美しい外観・仕上げはずっと見ていられます。

サイズは37mmと袖口に収まりやすく、アジア人男性の平均的な腕周りのサイズの方でしたら絶妙になじむ大きさでございます。
このサイズ感がよりクラシカルな印象を引き上げています。

当店のオリジナルストラップに付け替えてはいるものの、イエローゴールドとブラウンのレザーは相性抜群です。

今回ご紹介しました時計も【ジャックス60回までの無金利キャンペーン】でお買い求めいただけます。
ぜひお早めにご検討くださいませ。

+1

RECOMMEND

PAGE TOP