パテック・フィリップ175周年記念コレクションモデル

2017年04月21日

昨日のブログでご紹介した「オーデマ・ピゲ」や「FPジュルヌ」だけでなく、連日レア商品が入荷してきています。

その一つが「パテック・フィリップ 175周年記念コレクション マルチスケール クロノグラフ Ref.5975」

なんとYGケースとWGケースの2本未使用品で入荷しました!

パテック・フィリップ 175周年記念コレクション マルチスケール クロノグラフ 5975J-001
https://www.gmt-j.com/item/3717003276895

パテック・フィリップ 175周年記念コレクション マルチスケール クロノグラフ 5975G-001
https://www.gmt-j.com/item/3717003276901

コラムホイールの垂直クラッチ式クロノグラフムーブメント「Cal. CH28-520」を搭載したこのモデルはクロノグラフモデルで多く使用されるインダイヤルを入れず、3つのスケールを文字盤に表示しています。

その3つのスケールとは、ます文字盤中央にあるのがクロノグラフモデルのベゼルなどに使われていることの多いタキメーター(ただしこのモデルでは渦を巻いたスパイラルスケール)、3つのスケールの真ん中にあるのが脈拍を測るときに使うパルスメーター、そして外側にあるのが音の発生場所までの距離を測ることが出来るテレメーターとなっています。

現代では大よそ使うことのないスケールにはなりますが、時計用にこれだけのスケールがあるというのは過去にどれだけ腕時計が様々な用途に使われてきたかということが感じられます。
ドルフェィン針やスクエア型プッシャー、ダブルラグなどクラシカルなスタイルを用いており、こういった点からも過去のモデルに敬意を払ったデザインと言えるのではないでしょうか。

また、裏ぶたやバックルなどの「1839-2014」の数字や飾っておくこともできる特別仕様のボックスなど、175周年アニバーサリーモデルという特別感のある仕様になっています。


2014年に発表されたどちらも400本限定のモデル。
未使用品という状態での入荷は奇跡と言えます。

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP