ブライトリング クロスウィンド スペシャル A44355/A445B13VPR

2019年05月27日

皆様こんにちは。
本日は少し懐かしい時計が入荷致しましたのでご紹介いたします。

『ブライトリング クロスウィンド スペシャル A44355/A445B13VPR』
ブライトリング クロスウィンド スペシャル A44355/A445B13VPR

1999年に発表されたクロスウィンドスペシャルです。
クロノマットのバリエーションのように見えるこのモデルの細部を見てみましょう。

ブライトリング クロスウィンド スペシャル A44355/A445B13VPR

クロノマットとの違いですが、まず目を引くのが12時位置のビッグデイトと横目のインダイヤルです。
このモデルが発表された当時のクロノマットは縦目のインダイヤルに3時側にデイト表示というオーソドックスなレイアウトでした。

ブライトリング クロスウィンド スペシャル A44355/A445B13VPR

ダイアルはロゴマークとメーカー名だけのシンプルなデザイン。
インデックスなどは中期のクロノマットに近いイメージです。
クロノグラフ秒針だけは夜光塗料が付かないという面白い仕様になっています。

この当時のクロノマットのケース径は39mmでしたが、
クロスウィンドスペシャルは約44mmと大柄なケースが特徴的でした。

ブライトリング クロスウィンド スペシャル A44355/A445B13VPR

約44mmというと、クロノマットの後継機である2004年発表のクロノマットエボリューションとほぼ同じサイズとなっており、当時としては大きめなサイズでした。
39mmのオリジナルクロノマットとケース形状を比較していきましょう。

「クロスウィンド スペシャル A44355」
ブライトリング クロスウィンド スペシャル A44355/A445B13VPR
「ウィンドライダー クロノマット2000 A13352」
ウィンドライダー クロノマット2000 A13352

並べるとわかりますが、クロスウィンドスペシャルはオリジナルクロノマットのケース形状をベースにしながら、独自のアレンジが加わっているのが分かります。
プッシュボタンはクロノマットの丸型に対して角形になり,プッシュボタンからリューズにかけてのラインはクロノマットに比べくびれが強くなり、
リューズガードの根元には段差がつくなど凝った作りをしています。

「クロスウィンド スペシャル A44355」
ブライトリング クロスウィンド スペシャル A44355/A445B13VPR
「クロノマット A136BFTPA」
ブライトリング クロスウィンド スペシャル A44355/A445B13VPR

横から見ると厚みはムーブメントの違いもありクロスウィンドスペシャルの方が厚くなっていますが、横から見た下側が大きくカットされた短めのラグ形状などはよく似ています。
当時としては大きな43.7mmのケースもあり、流通量は少なかったと思われ、中古市場でもあまり見ることが出来ないモデルとなっています。

この後もビッグデイトモデルはクロノマットブラックバードが後継モデルとして発表されていますが、それらのモデルにはない武骨さがとても魅力的で、
クォーツショックから復活した80年代ブライトリングのエッセンスが感じられる時計です。

ぜひこの機会にご検討ください!

【合計40万円分!お買い物プレゼントキャンペーン!】

おすすめブランド時計

PRICE DOWNセール

***************************************************
新品ブランド腕時計
中古ブランド腕時計
未使用ブランド腕時計
委託ブランド腕時計
レディースブランド腕時計

もちろん、全商品対象の48回払いまで手数料無料&最長120回まで低金利のショッピングクレジットもお使いいただけます。
48回まで無金利の分割払い

最長120回分割払い JACCS限定 お支払いシミュレーションはこちら>>

高額買取中の対象8ブランドがさらに今なら買取1万円アップ!
対象8ブランド買取1万円アップキャンペーン
※20万円以上の買取が対象となり、他キャンペーンとの併用はできません。
***************************************************
時計情報アプリ

0

RECOMMEND

PAGE TOP