ロイヤルオーク仕様変更 15202エクストラシン編

2016年05月14日

こんにちは。店舗スタッフ鈴木です。

前回のブログで「ロイヤルオーク 15400ST」の違いについて書きましたが、
今回は「ロイヤルオーク 15202ST.OO.1240ST.01エクストラシン」について
書いていこうと思います。

2012年、ロイヤルオーク誕生から40周年を記念して発表されたモデルで、
1972年発表の通称”ジャンボ(Ref,5402)”の復刻版として発表された記念
すべきタイムピースです。

当時と同じムーブメント(Cal2121)を使用し、外観も当時とほぼ同じ仕様が
話題となり現在も大変な人気を集めている時計です。

さて、そんな「15202ST.OO.1240ST.01エクストラシン」もマイナーチェンジが
行われているのはロイヤルオークファンなら有名な話ですが、今回はその細かい
変化を見ていただこうと思います。

まず画像をご覧ください。

● 生産初期のモデル ●

↓ ↓ ↓

■ 現在生産されているモデル ■

↑違いがお分かりになりますでしょうか???

分かりやすい変更点として6時位置の「APロゴ」が変更されています。
現在生産されている「APロゴ」はAとPの間が広く形も変わっていますね。

じっくり文字盤を見てみましょう。
● 生産初期モデルの文字盤 ●

タペストリーが少なく(中心部から日付窓までのタペストリーの数が8個)、
溝が深い事が特徴で比較的鮮やかなブルーです。

↓ ↓ ↓

■ 現在生産されているモデルの文字盤 ■

タペストリーの数が多くなり(中心から日付窓までのタペストリーの数が9個)、
溝が浅くなっています。
比較的色味は濃いめの印象に変わっています。

次に、ケースの裏にも違いがございます。
● 生産初期モデルのケースバック ●

↓ ↓ ↓

■ 現在生産されているモデルのケースバック ■

わかりにくいですが、初期の個体の画像のケース右下には「APのホールマーク」が
ありますが、現在生産されている個体にはホールマークが無くなっています。
ちなみにエクストラシンの金無垢モデルは現在も「APホールマーク」は付いています。

ラグジュアリースポーツウォッチを代表する同モデルですが、正規販売店などでは
あまりの人気の為、数年待ちとか予約すら受け付けていない等色々な噂を耳にします。
「パテックフィリップ ノーチラス5711/1A-010」などと同様に、現在世界中で
入手するのが非常に難しいモデルとなっています。

そんな同モデルですが現在GMTでは、在庫のご用意がございます。

『AUDEMARS PIGUET ロイヤルオーク エクストラシン 15202ST.OO.1240ST.01』
※プレミアが付いておりますので定価を上回る価格でのご案内となってしまいます※

今回は「ロイヤルオーク 15202ST.OO.1240ST.01」のマイナーチェンジを簡単に
お伝えしましたが、まだお伝え出来ていない細かな変更点等もございますので、
ご興味ある方は是非、新宿西口にございますGMT店舗に遊びにいらして下さい!

ご購入やご売却をご検討中の方も是非ご相談下さいませ。

【GMTのオーデマ・ピゲ ストック一覧はこちら】

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP