ジャガー・ルクルト デュオメトル・クロノグラフ

2013年02月25日

高級時計の生産国といえば皆様もご存知の通りスイスです。現在、スイスの時計生産高は世界の時計全生産高の5割を占めています。
高級時計は300以上の部品で作られています。繊細さを必要とする時計製造はスイス人の才能と根気が結集されています。時計の販売価格のうち材料費が占める割合はごく一部で、ほとんどが人件費だそうです。

スイス人の勤勉さと正確さが高品質な時計製造の鍵を握っています。高級時計1つ作るのに手作業で150時間、有名な時計職人による名作は完成までに2000時間を要するといわれています。
「スイス人の完璧さ」はスイスのあらゆるところに見受けられます。私はまだスイスには行ったことがないのですが、以前両親がスイスを旅行した際、古い建物は全て修復され、荒れ果てた建物など一軒も見当たらず、車も磨き上げられ、ごみ一つ落ちていない街の美しさに感動したそうです。

そんなスイスを代表するものといえば高級時計の他にもう一つ、チョコレートが思い浮かびます。バレンタインもあったので少しチョコレートのお話をしたいと思います。
 
高カロリー・高脂質のチョコレートは「太る」「虫歯になる」「鼻血が出る」何かと攻撃されやすい食品でしたが、最近ではチョコレートの健康効果が注目されています。
 

赤ワインやお茶などと並んでカカオにも豊富なポリフェノールが含まれており、すぐれた抗酸化効果を期待できます。
    ●動脈硬化の予防作用
    ●コレステロール値を下げる
    ●がんの予防  
チョコレートをたくさん食べる国では胃がん死亡者が少ないというデータもあります。例えば、一人当たりの年間消費量が最も多いスイスと日本を比較してみると、スイスのチョコレートの消費量は日本の約6倍、胃がんによる死亡者数は約4分の1となっています。

チョコレートの甘い香りには集中力や記憶力を高める効果があることがいろいろな実験から明らかになっています。また、チョコレートに含まれている「テオブロミン」という成分は、精神を鎮静させる作用があることもわかっています。
「チョコレートを食べると鼻血が出る」というのはむしろ逆で、ヨーロッパでは寝る前にチョコレートを食べたりするそうです。
チョコレートの原料カカオ豆にはカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルがバランスよく含まれています。女性には不足しがちな鉄分を手軽に摂取できるのは嬉しいですね。さらに、食物繊維が豊富に含まれているので水分と一緒に摂ることでダイエットにも効果的です。
などなど、他にも紹介しきれないほどたくさんの健康効果があります。

とはいえ、やはり高カロリー・高脂質であるという事は間違いありません。
チョコレートとうまく付き合っていくには、種類・量・タイミングに気をつけなければいけません。

ダイエットに関していえば、カカオ成分70%以上のチョコレートを食事の30分前に食べると、甘さが脳の満腹中枢を刺激し、食べる量を制限できるということです。また、量にすると1日約50gが良いとされています。

バレンタインにチョコレートを沢山食べてしまった方もこれで、少しは罪悪感から解放されるのではないでしょうか。

前置きが長くなりましたが、今回はスイスを代表する時計ブランド、ジャガー・ルクルトのデュオメトル・クロノグラフを紹介します。

パーペチュアルカレンダーやトゥール・ビヨンなど複雑機構を搭載した時計は各ブランドで様々なモデルが作られていますが、ジャガー・ルクルトが開発した独特な機構を備えたモデルが「デュオメトル」シリーズです。

どこが独特か?といえば、

普通のクロノグラフの時計は、クロノグラフの針を動かした場合、時間の精度(テンプの振り角や歩度)に影響がでてきます。
それは「時間」の機構と「クロノグラフ」の機構がゼンマイのエネルギーを共有しているから。この影響に立ち向かったモデルが「デュオメトル」シリーズです。
簡単に説明すれば、「2つのムーブメントを使用して負担をなくした」ということになります。

ジャガー・ルクルト デュオメトル クロノグラフ
ジャガー・ルクルト デュオメトル クロノグラフ

ジャガー・ルクルト デュオメトル クロノグラフ Q6013470

百聞は一見にしかず、この機構は「デュアル・ウィング」と呼ばれ、ムーブメントの輪列を翼に例えて名づけたもの。日本語でいうなら「双翼」でしょうか。
文字盤の左側に「時刻」が表示され、右側にはクロノグラフの「積算計」(長針:60分、短針12時間、下側には0~9秒表示)、12時位置に止まっている針は金色が秒針で青色がクロノグラフ針です。
中央下のスモールセコンドは1/6秒計で、その左右下側にはパワーリザーブ計を表しています。
とここまででかなり複雑な機能がラインナップされていることがおわかりいただけると思います。
この複雑時計は2007年に「デュオメトル・クロノグラフ」として発表され、2010年にムーンフェイズ機能を付加して発表された「デュオメトル・カンティエーム・ルネール」や今年発表の「デュオメトル・スフェロ・トゥールビヨン」と、進化をとげています。

当店にあるホワイトゴールドのモデル(写真)は2010年に世界限定200本でだされた貴重なモデル。その他にも2011年に世界限定200本でだされたホワイトゴールドの「カンティエーム・ルネール」がそろっています。

ぜひ、一度お手にとってご覧いただきたいと思います。
ご来店をお待ちしております。

伊藤でした。

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP