不朽

2013年10月21日

お久しぶりです。前川(功)でございます。
9月までの暑さが嘘のように10月に入ってから急に冷え込んだり、また夏並みの気温に戻ったり、季節はずれの台風が来たりで大変ですよね。。
皆様、お元気にお過ごしでしょうか??
季節の変わり目は短期間で気温が大きく変化しますので、体調管理には十分お気を付けくださいませ。

さて、話は変わりますが、先日、幼少期から高校生までを過ごした街に十数年ぶりに立ち寄る機会がありました。
懐かしい風景を思い浮かべながら、どこがどのように変わったのだろうと妄想を膨らませつつ、いざ車を走らせていくと・・・当時の面影もほとんどなく、変わり果てた風景にただただ驚くばかりでした。
俗に言う『浦島太郎現象』というものを、まさかこの齢で実際に体験するとは夢には思いませんでした。
当時、住んでいた十余年の間にもおそらく同じくらいの変化があったのでしょうが、徐々に変わり行く風景を毎日眺めているのと、今回のように十数年前の記憶のまま、変貌を遂げた風景を見るのとでは感覚が全く異なるのだということを改めて実感した出来事でした。

こういった感覚は街並みや風景だけにとどまらず、乗り物や物にだって該当するわけです。
先日、昔から欲しかった車が中古車販売店で並んでいたので、店員さんにコンディションを尋ねたところ、「あ~、これはデザインが古いからやめたほうがいいですよ」との一言。
なにか私の価値観といいますか、センスのようなものを否定されたような気がして、小一時間ほど胸中がモヤモヤとしていました。

現在のデザインと昔のデザイン。全然違っていたりして、実際の年数よりも古びて感じてしまうこともよくありますよね。
しかし、中にはパッと見ただけでは新旧が分からないくらい昔からの伝統的なデザインを守っているブランドが時計にはあります。

ROLEX ロレックス デイトジャスト Ref.116233 シャンパン文字盤

ロレックス デイトジャスト Ref.116233 シャンパン文字盤

やはり真っ先に出てくるのは圧倒的な知名度を誇るロレックスでしょうか。
その中でもロレックスと聞いて思い浮かぶモデルといえば、YG×SSコンビでシャンパン文字盤のデイトジャストという方も多いかと思います。

デイトジャストの起源は1945年に発表されたRef.5031まで遡るといわれていますが、実際にはRef.5031の文字盤に”DATEJUST”の表記はなく、カレンダーの瞬間チェンジ機構(デイトジャスト機構)も搭載されていなかったようです。
現在のデイトジャストのデザインやデイトジャスト機構が完成したのは1955年に発表されたRef.6305といわれています。
風防にはサイクロップレンズ(日付についている2.5倍率の拡大レンズ)が採用され、現行モデルとほぼ変わらない風貌に落ち着き、約半世紀もの間、大きくデザインが変わることなく継承されています。

次に、腕時計の最高峰といえば、やはりパテック・フィリップでしょうか。
パテック・フィリップといえば真っ先に浮かぶモデルは、やはりYGケースに革バンド、シンプルなスモールセコンドの時計、つまりカラトラバなのではないでしょうか。

PATEK PHILIPPEパテック・フィリップ カラトラバ 5119J-001

PATEK PHILIPPEパテック・フィリップ カラトラバ 5119J-001

写真だけでは伝わらないかもしれませんが、シンプルなデザインながらこの貫禄。『ドレスウォッチの手本』と言わしめるあたりは流石です。
カラトラバシリーズは1932年に発表されて以降、様々なラインが発表されていますが、王道のデザインといえばRef. 5196ですとか、上記のクルー・ド・パリ装飾のベゼルが美しいRef. 5119あたりを連想される方が多いのではないでしょうか。

ちなみに上記のRef.5119と非常によく似ているRef.5116というモデルがございます。
基本的な仕様は同一ですが、異なる点はRef.5116の文字盤にはエナメル加工(伝統工芸技法の七宝焼)が施されていて、陶磁器のやさしい光沢があり、非常に綺麗です。

PATEK PHILIPPEパテック・フィリップ カラトラバ 5116R-001

PATEK PHILIPPEパテック・フィリップ カラトラバ 5116R-001

時代の流れなのでしょうか、ケースサイズこそモデルチェンジの毎にサイズアップしていますが、伝統のデザインはイメージを損ねることなく守り継がれています。
完成されたデザインであるからこそ年月の経過を経ても色褪せずに輝き続け、人々に愛されるのでしょうね。
永遠に輝き続ける至高のタイムピースをあなたの腕にもいかがでしょうか??

補足になりますが、Ref.5116につきましては今年度で生産を終了する予定となっているようです。
また、パテック・フィリップは今年10月28日に価格変更があり、多くのモデルの値上げが決定しているようです。
ご検討されている方はお急ぎくださいませ。

すでにホームページへUPいたしておりますので、ご興味のある方は、商品ページからお問い合わせください。
また、下記メールならびに、お電話からのお問い合わせにつきましても承っております。
店舗では、お手に取ってご覧いただけます。

GMT店舗電話番号:03-3342-3266(担当 前川(功)まで)
お問い合わせメールアドレス:info_gmt@syuppin.com

written by


新品ブランド腕時計
中古ブランド腕時計
未使用ブランド腕時計
委託ブランド腕時計
レディースブランド腕時計
***************************************************
60回まで無金利の分割払い

レディース腕時計専門店 BRILLER ブリエ

時計情報アプリ

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP