柔らかな色合いのシェル文字盤に魅了される【ブライトリング アベンジャー II クロノグラフ A339AMPPSS 日本限定】

2020年12月14日

本日も当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

先日横浜駅を利用した際、駅の広告モニターにブライトリングのプロモーション映像が流れていました。

そのプロモーション映像では、ルーローブレスレットを備えた2020年新作クロノマットのレディースモデルを宣伝しており、思わず立ち止まってまじまじと見てしまいました。

ルーローブレスレットとは、1983年にイタリア空軍の曲技飛行隊「フレッチェ・トリコローリ」用に開発され、翌年1984年に発売された初代クロノマットに採用された、筒状のピースで形成されたブレスレットを指します。
ケースからブレスの流れが繋がった一体型のデザインは、一つ一つの細かいコマによって実現した装着感の良さが特徴です。

そんな過去のモデルに敬意を払うブレスレットを備えた2020年新作モデルの中でも、特にグリーンカラーのダイヤルを備えたモデルは爽やかな印象があり、このご時世ですので正規店へ足を運ぶのはなかなか難しいですが、ぜひ実物を見てみたいものです。

ルーローブレスレット仕様のレディースモデルはスポーティながらも華やかさがあり、実にブライトリングらしいデザインで魅力的です。
当店への入荷予定は現在ございませんが、入荷した際にはぜひにオススメしたいモデルでございます。

当店レディース部門【レディース腕時計専門店BRILLER】はこちらから
https://www.briller-gmt.com/

さて、本日はそのブライトリングから【アベンジャー II クロノグラフ A339AMPPSS】をご紹介いたします。

BREITLING ブライトリング アベンジャー II クロノグラフ A339AMPPSS 日本限定 MOP
https://www.gmt-j.com/item/3717009997268

言わずもがな、ブライトリングは航空業界と深い繋がりを持つスイスの腕時計メーカーとして有名です。

「時計ではなく計器である」という理念のもとに製造される時計は全て、クロノメーター検定をクリアしたものという、強いこだわりに心惹かれる腕時計愛好家は多くいることでしょう。

特に、プロフェッショナルのための計器として開発された「アベンジャーII」は、人間工学をもとに新設計されたケースや、ベゼル一体成型ライダータブなど、無骨なデザインに機能美を兼ね備えたモデルとして、アベンジャーシリーズの中でも高い支持を得ています。

2017年に販売された当モデルは、ホワイトシェルとブルーシェルを採用した、華やかかつ柔らかな色合いのダイヤルが実に印象的でございます。

ムーブメントには多くのメーカーが採用し、実績のある信頼の高い「ETA7750」ムーブメントを基に自社製造した、自動巻きクロノグラフムーブメント「Cal.ブライトリング13」を搭載。

「クロノグラフ作動時にテンプの振り角が大きく落ち込んでしまう」
「姿勢差誤差が大きい」といったデメリットを、振り角を上げることで補い、安定した高トルクを実現するため、トルクのばらつきが大きいニバフレックスのゼンマイをすべて検査するなど、改良が加えられた「Cal.ブライトリング13」は約42時間のパワーリザーブも備えており、高い機能性を誇ります。

日本限定モデルというだけでなく、アベンジャーIIでマザーオブパールのダイヤルを初めて採用したモデルといった点からも、非常にオススメの1本です。

現在、当店では【2020 Christmas SALE】を開催しております。

ご自分へのプレゼントに、または大切な方へのプレゼントにぴったりなお時計を揃えていますので、お買い得にご購入いただけるこの機会にご検討いただければと存じます。

0

RECOMMEND

PAGE TOP