絶妙サイズ! 【オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15300ST.OO.1220ST.03 39mm ブラック】

2021年03月09日

当ブログをご覧の皆様こんにちは。
いつも腕時計専門店GMTをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

さて、この度久々に人気モデルオーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15300ST.OO.1220ST.03が当店に入荷しましたので紹介させていただきます。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15300ST.OO.1220ST.03 39mm ブラック

ロイヤルオークは1972年にかの天才時計デザイナー ジェラルド・ジェンタ氏のデザインによる、ステンレススティール仕様のスポーツウォッチとして発売され、現在大人気のラグジュアリースポーツウォッチ(通称:ラグスポ)の原点にして頂点とも言えるモデルです。

歴史上様々なモデルが存在しますが、本モデルは2005年〜2011年頃迄製造の39mmケース径のロイヤルオークです。

独特のデザインは船窓をモチーフとした八角形ベゼル、グランドタペストリー装飾を施したダイヤル、ケース一体型のブレスレットが特徴です。

ケースはサテン仕上げとポリッシュ仕上げの組み合わせで、洗練されたデザインとなっています。

ブレスレットはきれいに面取りされている為、高級感がありサテン仕上げとは思えない輝きがあります。繋ぎ目も細かく、コマも丁寧に作り上げられているため、使い込めば使い込むほどに吸い付くような装着感が得られます。

搭載されるのは自社製自動巻ムーブメントCal.3120で、21,600振動のロービートムーブメントは安定感のあるムーブメントでありジャガー・ルクルトのCal.920がベースとなっているムーブメントです。

シースルーバックになった裏蓋からは巻き上げ効率の高いAPロゴと創業者両家の紋章が彫金された22金ローターや、ジャイロマックステンプ等、このムーブメントの特徴を眺める事ができます。パワーリザーブは60時間になります。

15300のバックルは観音開きのバックルでAPモチーフがあしらわれています。

本モデルは短いAPモチーフのため、2007年以降の後期型になります。

ロイヤルオークのサイズ選びは非常に悩ましい問題で、時計通の中でも39mmサイズが至高という方が多く個人的には同感ですが、現行ラインナップでは”ジャンボ”エクストラシンシリーズのみとなり、予算、機会共に入手困難なモデルになります。

以前より価格が上がったとはいえ、現実的に手に入れられる絶妙39mmの15300STモデルは生産終了モデルで人気があるため、出る度に価格が上がっております。当然次回の入荷は未定です。

お早めのご決断をオススメします!

0

RECOMMEND

PAGE TOP