2021年気になる新作発表スケジュール

2021年01月02日

当ブログをご覧の皆様こんにちは。

新年2日目の今日、皆様はいかがお過ごしですか。
例年は帰省や旅行などで、遠方に行かれている方も多いかと思いますが、今年はコロナ禍につき、自分の家でずっと過ごしているという方も多いのではないでしょうか。

GMTでは元旦のみ店舗を休業とさせていただきましたが、本日より2021年の営業を開始しました!
新年の特別なお買い物に当店をご利用いただけましたら幸いです。

さて、2020年はなんだか激動の1年間でございました。
いつもより一年が過ぎるのが早く感じたのは私だけではないはず…

時計業界においても、新型コロナウイルスの影響もあり、大規模展示イベントのバーゼルワールドやウオッチ&ワンダー ジュネーブ(旧S.I.H.H.)が急遽中止。
さらにバーゼルワールドからロレックス、パテック・フィリップ、スウォッチグループの参加が見送られ、事実上バーゼルワールドが無くなってしまうなど、2020年は年始から怒涛の展開がございました。

新作ウォッチの発表は長年大規模展示イベントで行われていましたが、2020年は初のウェブ上で各社が発表を行うという新しい形がとられました。

リシュモングループなどは同じ日に各メーカーホームページで一斉に発表が行われ、各メーカーサイトをあわただしく見ていたのが記憶に残っています。

2021年もウオッチ&ワンダー ジュネーブ(旧S.I.H.H.)はウェブ上での新作発表が行われます。
また、驚くことに、バーゼルワールドを脱退したロレックス、パテック・フィリップも今回参加を表明。

2020年はロレックスとパテック・フィリップの新作が一体いつ発表されるんだと、落ち着かない日々でしたが、今年は「2021年4月7日~4月13日」の間の発表が決まっているので安心です。

スォッチグループの動向が気になるところですが、ウオッチ&ワンダー ジュネーブは2022年からウェブ上での発表ではなく、大規模展示イベントの形をとることも発表されています。
昔のバーゼルワールドのような、一挙に時計の新作を楽しむことが出来るようになると思うと楽しみです。

また、今月の1月25日には、ウブロ、ゼニス、ブルガリが一足早くウェブ上で新作のプレリリースが行われます。

今年はどんな新作が発表されるのでしょうか。

ロレックスの新作発表は予想がしやすいところもあり、毎年盛り上がるのですが、他ブランドの新作はなかなか予想が難しいです。

ウブロですと、今年も定番人気のビッグバン、クラシックフュージョンの新作はありそうな予感。
アーティストや、ベルルッティ、ヨウジヤマモトなど、異業種とのコラボが発表されるかどうかも注目です。

例えば、2018年に発表された現代芸術家リチャード・オーリンスキーとのコラボモデルのオーリンスキー。
幾何学的なケースが特徴的で、他のモデルとは一線を画すデザインです。

オーリンスキーとのコラボモデルは2019年にも発表。
現在GMTには2019年発表の世界限定100本のモデルがございます。

HUBLOT ウブロ クラシック フュージョン アエロフュージョン オーリンスキー グリーンマジック 525.GX.0179.LR.ORL19【世界限定100本】

https://www.gmt-j.com/item/2717008401118

他のモデルでは見られない独特なケースが光を反射する様が美しいので、個人的にはまた新作を発表してほしいなと感じます。

ゼニスですと、昨年はやはりエル・プリメロのリバイバルモデルが印象に残っています。
GMTには現在、リバイバルモデルの中でもさらに貴重なカバーガールの在庫がございます。

ZENITH ゼニス エル・プリメロ 03.A3818.400/51.M3818 クロノマスター リバイバル カバーガール【世界限定100本】

https://www.gmt-j.com/item/3717010780200

こちらは『Zenith: Swiss Watch Manufacture Since 1865』という雑誌の表紙を飾り、通称カバーガールと呼ばれ人気を博した「A3818」の復刻モデル。

今年も人気のエル・プリメロやデファイの新作は欠かせないかなと思うのですが、どんな新作が発表されるのでしょうか。

ブルガリの2020年新作発表では、個人的にセルペンティにトゥールビヨンを搭載したモデルが印象に残っています。
セルペンティというと、レディース時計の中でも小ぶりでエレガント。
アクセサリー感覚で身に着けられるのがポイントです。

※ブルガリ セルペンティ セドゥットーリ SP33WSPG
https://www.gmt-j.com/item/2717008394243

腕に着けた写真を見ていただくとわかると思うのですが、こんな小さい時計に複雑機構のトゥールビヨンを、ブルガリが搭載したのか…!という驚きがござました。

レディースモデルにトゥールビヨンという複雑機構は、正直あまり需要は無いものと感じるのですが、昨年の新作発表は、ブルガリがこんな小さな時計でも複雑機構を組み込める技術を持っているというアピールのように思えました。

男性向けですと、オクトの人気が根強い印象がございます。
ジェラルド・ジェンタの手掛けた完成されたデザインに、薄いケースが特徴的。

今年も人気のオクトの新作は発表されそうな予感がします。
軽さがポイントの一つの時計ですが、無垢材でずっしりとした質量のオクトも面白そうです。
オクトはスポーツカーの名門マセラッティと、異業種コラボモデルも展開しています。
コラボモデルの発表にも期待です。

ブルガリ BGO41C3SLDCH/MASジェラルドジェンタオクトヴェロチッシモマセラッティ

https://www.gmt-j.com/item/2717006580068

現在GMTにはマセラッティとのコラボモデルがございます。
スポーツカーの名門のマセラッティとのコラボであることから、入荷するたびにすぐ売れてしまうモデルです。
ぜひこの機会にご検討くださいませ。

2021年も腕時計から目が離せません。
気になる時計がございましたら、ぜひGMTまでご連絡くださいませ。

RECOMMEND

PAGE TOP