パネライ ラジオミール クロノグラフ PAM00288

2017年10月02日

こんにちは、GMTの山口です。
本日は、2007年にリリースされた『ラジオミール』をご紹介したいと思います。

OFFICINE PANERAI ラジオミール クロノグラフ PAM00288

自動巻きのラジオミール「Cal.OP XII」を搭載したモデルです。

2カウンターのクロノデザインは現在販売中のプラチナケースモデル
「PAM00518」↓と同じで、クラシカルなデザインになっています。

『PAM00518 ラジオミール 1940 クロノグラフ プラティーノ』

『PAM00288』には「Cal.XII」が搭載されていますが、
このモデルがリリースされる前は、ルミノールクロノのレガッタ「PAM00168」や
サブマーシブルクロノ「PAM00187」、ルミノールクロノデイライト「PAM00250」
など、ルミノールだけに採用されていました。

ところが2007年、ラジオミールに搭載した初のモデルとしてリリースされたのが
この「PAM00288」になります。

当時は「デカ時計」が流行し始めた頃でもあるので、大きい印象でしたが、
2017年現在は大きい時計ばかり(笑)なので、このモデルが普通に思えてしまいます。

しかも結構厚みがあります。

もともとルミノールに採用されていたムーブメントでもあるので、
それまで薄型だったラジオミールに搭載するとやや膨らんでいるように思えます。

それでも約16.5mmほどなので、ケース径とのバランスが取れていると思います。

45mmケース径の2カウンター、しかもインダイヤルにタキメーター、
さらには薄型ベゼルだとのっぺりとした文字盤になり、
なぜか安っぽい印象の時計になってしまいがちです。

ところがこのモデルでは、ケースを真横から見ると
中心がやや膨らんでいるようなケースデザインになっています。

まだインダイヤルのタキメーターに幅を持たせ、文字盤を深い位置になるように
設計されています。

この設計により立体的な印象が生まれ、安っぽいどころか機械式時計らしい
高級感のあるクロノグラフモデルになったのだと思います。

スポーティになりがちなクロノグラフですが、このモデルはどこかラグジュアリーな
印象ももっている二面性のある1本なので、シーンを問わずご使用できる、
私おススメの1本になります。

ぜひチェックしてみてください!!

さらに、
36回分割払いでも金利0%」のショッピングクレジット低金利キャンペーン
10月31日まで開催延長決定しました!
こちらもぜひご利用ください
ショッピングクレジット低金利キャンペーン、延長決定!

お支払いシュミレーション

written by


新品ブランド腕時計
中古ブランド腕時計
未使用ブランド腕時計
委託ブランド腕時計
レディースブランド腕時計
***************************************************
60回まで無金利の分割払い

レディース腕時計専門店 BRILLER ブリエ

時計情報アプリ

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP