洗練された第3世代オーヴァーシーズ【ヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ ブルー SSブレス 4500V/110A-B128】

2020年12月17日

皆様こんにちは。
店舗スタッフの早川です。

本日ご紹介しますお時計は、トレンドカラーのブルーが印象的な【ヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ 4500V/110A-B128】で御座います。

VACHERON CONSTANTIN ヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ 41mm ブルー SSブレス 4500V/110A-B128
https://www.gmt-j.com/item/3717010248977

オーヴァーシーズと言えば、ノーチラスやロイヤルオークと同じく、今をときめくラグジュアリースポーツウォッチの代名詞と言える存在です。

2016年のフルモデルチェンジを経て、現行の3代目へと進化したオーヴァーシーズは、ヴァシュロンが擁するスポーツエレガンスの象徴であります。

皆様もご存知の通り、1969年に起きたクォーツショックは時計界にとって大激震といえる出来事でした。
スイス時計業界は大打撃を受け、存続が危ぶまれる事態となり、休眠するブランドが相次ぎました。

そのような時代背景の中で生み出されたのが、ステンレススチールを用いた高級スポーツウォッチであり、現代で言うところのラグジュアリースポーツというジャンルなのです。

ロイヤルオークに遅れること5年、1977年に創業222年を記念してヴァシュロンが発表した「222」と言えば、ピンとくる時計愛好家の方も多いことと存じます。
そんな「222」を始祖に持ち、後継の「333」、そしてフィディアスと経て1996年に生まれたのが第1世代のオーヴァーシーズです。

ブランドロゴのマルタ十字(マルテーゼクロス)をモチーフとした8葉のベゼルは、2004年発表の第2世代オーヴァーシーズにも継承されアイコニックなものとなりました。

ところが、本日ご紹介の第3世代においては、象徴的であった8葉ベゼルが6葉へと改められることとなりました。

歴史あるデザインを変えていくのは伝統あるブランドとしては珍しく、評価も別れるところですが、これによって硬すぎない柔らかな印象が与えられ、なるほど確かにヴァシュロンが言うようにスポーツウォッチではなく、スポーティウォッチと呼びたくなります。

ベゼル幅を絞り文字盤を広くとるなど、フォルム全体を見てもラウンド型が強調された近代的な意匠へと進化しています。
オリジナルデザインに固執しないデザインのアップデートが行われるチャレンジングな姿勢で魅せてくれるのがヴァシュロンです。

オーヴァーシーズはライバルの影にかくれがちですが、軟鉄製リングを収めたケースは高耐磁性能を有し、150メートル防水を確保しています。

搭載しているムーヴメントのCal.5100は100%マニュファクチュールでジュネーブシールを取得しており、トランスパレントバックからは旅の時計というコンセプトらしく方位図をモチーフとした22Kのローターの回転する様が楽しめます。

また、ブレスレットとレザーとラバーの3点セットという豪華仕様でケース側もバックル側も「インターチェンジャブルシステム」により、剛性感はそのままにワンタッチで交換可能です。
オーヴァーシーズには、ライバルを凌駕する実用性やデザインで優れている良さがあります。

今のところまだロイヤルオークやノーチラスの後塵を拝してはいるものの、いつ評価が上がっても不思議ではない時計であり、今がまさに゙買い時゙な1本です。
GMTでは現在、ブルー・ブラック・シルバーの3色をお見比べ可能です。

当店に在庫がござます【オーヴァーシーズ】シリーズはこちらから
https://www.gmt-j.com/search?itemwear=0&installments=0&specpanelopen=0&maker=288&series=551&category=337&stockstatus=1#itemlist

こちらのお時計もジャックス「60回まで金利0%キャンペーン」をご利用いただけます。

是非この機会をご利用くださいませ。

0

RECOMMEND

PAGE TOP