流行に左右されない、ロレックスのボーイズサイズ パーペチュアルデイト

2021年04月14日

GMTブログをご覧の皆様こんにちは。
本日も当ブログに足をお運びいただき、ありがとうございます。

エクスプローラーのモデルチェンジで世間を騒がせているロレックスですが、今回は昨年9月に今までにない斬新なカラーリングを発表したことで、今もなお注目を集め続けているオイスターパーペチュアルの中から、大黒柱的存在、オイスターパーペチュアルデイトにフォーカスを当ててみようと思います。

ROLEX ロレックス オイスターパーペチュアル&デイト 15200 ブルーアラビア

こちらのref.15200はオイスターパーペチュアルデイトの第二世代でもあり、1990年ごろ発売が開始され2006年にディスコンとなったモデルです。
5桁のオイスターパーペチュアルは、GMTでも久しぶりの入荷です。

ダイアルバリエーションはブルーカラーに2.4.6.8.10にアラビア数字がセッティングされた、通称「飛びアラビア」文字盤。

好みが分かれそうなデザインではありますが、最近のモデルではこの飛びアラビアはあまり採用されていないため、個人的には5桁ロレックスの好きな要素のひとつでもあります。

ケース径が34mm且つ、重さは100g無いため現行サイズは大きすぎる・・・という方はもちろん女性の方でも負担なくお使いいただけるモデルです。
リストショットも撮影致しましたので、サイズ感が気になるという方はぜひご参考にしてみて下さい。
女性が装着した場合

男性が装着した場合

搭載ムーブメントはロレックスのcal.3135。
cal.3135といえば昨年9月、オイスターパーペチュアルと同時期に新作が発表されたサブマリーナーデイトを最後に、cal.3235へ引き継がれたロレックスを長く支えてきたムーブメントです。

こちらの個体にメーカー保証書は付属しませんが、2019年9月にロレックスにてオーバーホールを行っていますので、精度面でも問題なくご使用いただけるコンディションです。

ROLEX ロレックス オイスターパーペチュアル&デイト 115200 ホワイト

こちらはref.15200の後継で、2007年から発売開始となったref.115200です。

ムーブメントはそのままにケースにやや厚みが加えられバックル、ブレスの堅牢性が増しより高級感の溢れるデザインへと進化しました。

文字盤バリエーションはバーインデックスに統一され、5色展開となりました。
ホワイト×バーインデックスは使うシーンを選ばず、一年を通して満足度の高いデザイン。
また、価格帯もロレックスの中では比較的お求めやすいお値段ですので、エントリー機として実用性も高い一本です。

ロレックスの公式HPからは34mmはデイトのみ表示がなくなっていましたので、近いうちにcal.3200系の仲間入りを果たすのか、はたまたデイトジャストに吸収合併されてしまったのか気になるところではありますが、個人的にはボーイズサイズ枠として希少なサイズ感でしたので生産し続けて欲しい一本です。

お客様の愛機の一つにいかがでしょうか?

GMTは国内最大級のロレックス在庫量をご用意しております。今回ご紹介したのは久しぶりの入荷となったオイスターパーペチュアルデイトでしたが、皆様の気になるモデル、コンディションの個体もお探しいただけますので、ぜひご覧になってみてください。

GMTのROLEX一覧はこちらから

また店頭では全てのお時計のご試着が可能です。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

0

RECOMMEND

PAGE TOP