ドレッシーな顔立ちを持つ【パテック・フィリップ パーペチュアルカレンダー 5139G-010】

2020年11月06日

GMTブログをご覧の皆様こんにちは。
店舗スタッフの増子です。
本日は中古品の新入荷の商品をご紹介いたします。

パテック・フィリップ パーペチュアルカレンダー 5139G-010

ベゼルにクルド・パリ装飾の施された大変にドレッシーな顔立ちに自動巻きパーペチュアルカレンダーの名機cal.240Qを積み、2008年の発表(スタートは白文字盤)から2018年のディスコンに至るまでの約10年間愛されてきたモデルです。

ホワイトゴールドのケースにラッカー仕上げの施された黒文字盤、インデックスもゴールド植字とメリハリの利いた非常にクールな印象です。

パーペチュアルカレンダーのぎゅっと詰まった顔にクルド・パリベゼルを採用したラグジュアリーな顔立ちが特徴的な一本です。

240Qモジュールを現行で組んでいる5327でも使われているリーフ針ですが、5327がスムースベゼルやブレゲ数字のインデックスに組み合わせて全体として柔らかい雰囲気を醸しているのに対し、5139ではシャープな印象が強いクルド・パリのベゼルやバーインデクッスと対比をなすパーツです。しかしその強いコントラストにより全体の印象として優しいながらも強い煌めきを発し、近づきがたい気品を纏っています。

パテックの現行のモデルにはクルド・パリのモデルはなく、廃盤からまだ2年とはいえ少し懐かしい気持ちを湧きあがらせてくれるモデルでございます。

当然今の流行としては現行パーペチュアルカレンダーの5327のような立体感がより強くケースサイズも39mmと少し大きめのモデルのほうが喜ばれる方も多いのかもしれませんが、他のモデルにないラグジュアリーな顔立ちで38mmと絶妙のサイズ感の5139は今では手に入りにくい希少なものとなっています。

是非この機会に一度お手に取ってご覧いただくことをお勧めいたします。

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP