手巻きクロノグラフ Ref.5170G-001【生産終了】

2020年11月22日

当ブログをご覧の皆様こんにちは。
時計専門店GMTでは、現在クリスマスセールを開催中です。

生活様式やコミュニケーションの変化が大きかった2020年の締めくくりに、お客様だけの特別な一本との出会いをお届けできれば幸いです。

さて、本日ご紹介いたしますのは、ホワイトダイヤルにパルスメーターが目を引くPATEK PHILIPPE コンプリケーテッド・ウォッチ クロノグラフ 5170G-001。

PATEK PHILIPPE コンプリケーテッド・ウォッチ クロノグラフ 5170G-001

https://www.gmt-j.com/item/3717010169531

2010年、完全自社製の手巻きクロノグラフとしてデビューしたRef.5170
2019年にすでに生産終了となってしまったモデルです。

かつて人気を博した、2カウンター式クロノグラフRef.5070の後継機。
5070に搭載されていたムーブメント「CH 27-70」はヌーヴェル・レマニア社がパテック フィリップの為にのみに特別生産しほぼ自社製と言っても過言ではないものでしたが、それでもなおマニファクチュールとして完全自社製を開発し成功を納めました。

初の完全自社製手巻きクロノグラフムーブとして搭載された「CH29-535PS」は、シースルーバックから堪能できます。

コラムホイール式クロノグラフや水平クラッチによる動力伝達機構などを搭載し6つもの特許が新たに取得されており、当時を満を持して出た自社製ムーブへのこだわりと自信を感じることができます。


デザインベースは、1940~50年代と大変クラシカル。そこにカラトラバケースと角型プッシュボタン、すっきりとつながるデザインのシンプルなラグ形状でノスタルジーだけではないモダンな印象も併せ持っております。

現在当店にご用意のある【5170G-001】はRef.5170シリーズの中では2番目に出たモデルです。
5170シリーズはその後、パルスメーター(脈拍測定計)が無くなったり、文字盤や針などの表情が変更されていく5170シリーズですが、いずれもスッキリとしたクロノグラフにデザインされています。

参照)5170R-001 パルスメーター無し

保証書日付は2014年11月ですが、2020年3月にパテック・フィリップにて内部点検・プッシャー交換・ストラップ交換・外装仕上げを行っております。


付属品も、内外箱・国際保証書・冊子・メーカー修理明細(ドイツ語コピー)とそろっている状態で、目立つお傷もなし。

今年メンテナンスを終えた状態で、ストラップは純正新品の大変すばらしいコンディションで使い始めていただくことの出来る個体で、大変オススメです。

40㎜をわずかにきり、大変馴染みの良いサイズ感にホワイトゴールドの吸い付くような着け心地、エレガントな薄さで袖元を彩る逸品を、是非ご体感ください。

2019年に発表された後継のRef.5172ではクロノグラフボタンは角型ボタンから丸型へ、ラグデザインも変更され形状そのものが変わっております。
もちろん、針やダイヤルデザインも変わり、相対的な印象もガラリと変わることと存じます。
それぞれの時代に合わせた形へと改良を重ねていくのが常ですが、お客様のイメージや理想に沿った姿は千差万別です。

5170につきましてはディスコンとなり、今後コンディションの良い個体と巡り会える機会はどんどん減っていってしまいます。
素敵だな、身に着けたいなと思える時計にこの5170が含まれておりますなら、是非、この機会をお見逃しなく。

併せて、クリスマスの足音が聞こえてくる季節、【BLACK FRIDAY SALE】11月30日まで開催しております。
1年間頑張ったご自身・パートナー・ご家族への特別な1本を。

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP